効率良く勉強する為に

専門学校
画像出典元 [学生の皆さまへ専門学校のご案内|就職に強い大原学園]

公認会計士・税理士の国家資格を目指すという方は、試験の流れを見てもわかるように、実際に公認会計士・税理士として登録されるまでには、長期スパンでの計画を立てる必要があります。無計画にだらだらと勉強をしていては、いつまでたっても合格することはできません。試験科目は広範囲に渡り、会計や税にかかわるあらゆる分野を勉強しなければならない為、過去の出題傾向や情報を分析し、試験対策に特化した学習をしなければいけません。しかしながら、それを独学でするには限界があります。やはり、プロが考えたカリキュラムを受講する為にも、専門学校の公認会計士・税理士コースの利用が効率的でお勧めとなります

国家資格を持っていることで、キャリアアップ、あるいは社会復帰を目指す、転職する等、自由に仕事を選ぶことができますので、公認会計士や税理士を目指す方はどんどん増加することでしょう。その活躍の場もますます開かれていくと考えられます。今から国家資格取得の為の計画を立てるという方は、専門学校での受講について検討してみてはいかがでしょうか。合格率を上げる為にも、効率的で徹底的に分析された対策が必須であるということを知っておきましょう。

試験の流れについて

試験公認会計士の試験の流れとは、第一段階として筆記試験を受験します。試験内容は、短答式(マークシート形式)となっており、この短答式に合格した人のみ、その後の論文式試験を受験することができます。この試験では、会計学、監査論、企業法、租税法の4科目、その他にも経営学、経済学、民法、統計学の中から1科目選択となります。第二段階は、監査法人や企業に就職して実務経験を積む必要があります。その後、最終段階として、筆記試験である修了考査を受験し、合格してようやく公認会計士として登録が許されます。

税理士試験
の流れとは、筆記論、財務諸表論、所得税法等、税金に関する全11科目から5科目において、それぞれ6割以上得点する必要があります。一度に全ての科目に合格する必要はなく、数年かかって試験を受け、合格する人がほとんどです。ただし、大学や大学院で税法や会計学を学んだ場合には、税理士試験の科目が一部免除になる制度もありますので、人によっては試験の道のりが短く済むこともあります。ただし、税理士として登録する為に、2年以上の実務経験が必要です。別の方法として、公認会計士の資格を取得することで、同時に税理士の資格を得ることも可能です。

専門学校で試験対策

公認会計士・税理士公認会計士とは、株式を上場しているような大企業の監査役が主な仕事内容となっており、企業の収入や支出を記載した財務諸表について徹底的にチェックして、内容について詐称がないかどうか、第三者の目から監査を行います。独立した機関として、企業の経営状況を調べることで、企業によって粉飾決算が行われるのを防ぐ役割を担っています。粉飾決算が行われると、株主が投資を行う際に、正当な判断ができなくなる為、経済活動の混乱を招きかねません。公認会計士がいることで、その混乱を防ぐことができます。

また、税理士とは、税務の専門家として知識を生かし、納税者の代理として税務署等への申告や申請を行う代理業務や、税務書類の作成、税務関係の相談業務、企業の会計決済の対応等、税務と会計に関するあらゆる業務を行っています

公認会計士・税理士をこれから目指すという方は、効率良く学習する為に、どのような手段で勉強をお考えでしょうか。公認会計士・税理士になるには、司法試験に匹敵すると言われる程難関である国家試験に合格する必要があります。試験合格へは、長い道のりを覚悟する必要があり、お金をかけたくないという方も、独学での合格はほとんど無理と考えておかなければいけません。そこで、効率良く、できるだけ早く合格する為に、専門学校の公認会計士・税理士コースの利用がお勧めです。国家試験を目指す方の為に、専門学校が良い理由試験の流れについて説明します。